【これ知ってる?!】海外にもボートレース(競艇)はあるの?!海外の競艇事情や歴史について調べてみた!!

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史競艇-

こんばんみ~!賭けみ沢ぴえんたゃです🥺
たい焼きは真ん中から食べたい派!

競馬競輪オートレースなどは海外にもあります。

なら、ボートレース(競艇)も海外で行われてるんじゃ?🤔
ということで、今回はボートレース(競艇)は日本以外にもあるのかご紹介いたします🐹

競艇で予想が当たらず、上手く稼げない…。

そんな方はプロの予想師にご相談!!

競艇予想サイトを利用すれば、プロの予想師の買い目情報をもらえます🥳
そのまま買って稼ぐもよし!勉強するもよし!

LINEでは、競艇レポまとめの3人が本当に使っているオススメの競艇予想サイトをご紹介しちゃいます✋

稼ぎ方、参加するプランなどなど教えちゃうのでぜひ追加してみてくださいね🥰

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良友達LINE-

ボートレース(競艇)の歴史

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史-

まず、歴史から見ていきましょう👍
ボートレース(競艇)は日本だけで見ても70年近い歴史があります。

世界で初めてボートレース(競艇)が行われたのは1861年パリ・セーヌ川で行われたモーターボートレースです。

1904年には世界で初めての国際レースがイギリスで行われ、その後はアメリカにも広がったと言われています。
日本では1931年7月26日に、隅田川で「第1回船外機艇競走大会」がアマチュア競走として開催されたのが最も古い歴史です。
1932年には品川台場を発着点にして国内初の長距離耐久競走(56.1km)が開催されました。

1950年5月に、神奈川県逗子海岸と江戸川で日米対抗の「逗子モーターボートレース」を開催し、これを元に現在のボートレース(競艇)が構築されたと言われています。

翌年1951年6月18日にはモーターボート競走法制定公布を受けて、同年10月3日に大村選手養成所で選手養成が開始されました。

日米対抗のレースがあったんですね!😳

11月28日に社団法人全国モーターボート競走会連合会設立認可と急ピッチで進められていきます。

1952年3月17日に第1回選手資格試験が大津で実施されたので、大津が国内最古と呼ぶ声もあります。
そして、1952年4月6日に大村競技場で公営競技として初開催されました。

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良-

年表

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史-

海外含むボートレース(競艇)の歴史年表

出来事
1861年パリ・セーヌ川でモーターボートレースが開催
1904年イギリスで国際レースを開催
1931年日本・隅田川で「第1回船外機艇競走大会」が
アマチュア競走として開催
1932年品川台場を発着点にして日本初の
長距離耐久競走(56.1km)が開催
1950年神奈川県逗子海岸と江戸川で日米対抗の
「逗子モーターボートレース」が開催
1951年モーターボート競走法制定公布
大村選手養成所で選手養成が開始
社団法人全国モーターボート競走会連合会設立認可
1952年第1回選手資格試験が大津で実施
大村競艇場でボートレース初開催

日本のボートレース(競艇)の歴史年表

出来事
1953年若松競艇場で第1回全日本選手権競走を開催
1961年フライング艇に対する返還欠場が実施
1985年平和島で初の電話投票を受け付け開始
1988年グレード制導入、持ちペラ制導入
1997年桐生でナイター初開催
2000年3連単導入
2001年やまと競艇学校開設
ネット投票開始
2002年スタート展示を実施
2010年宮島競艇場で減音モーター導入
2012年新プロペラ制度導入(持ちペラ制廃止)

ボートレース(競艇)は日本以外でも開催されている?

歴史を振り返ると、意外にもボートレース(競艇)は海外の歴史が長いです。

じゃあ現在も多くの国でボートレース(競艇)は行われているってこと?

と言われると、実はそうではありません。

現在のボートレース(競艇)というのは、世界で行われていたモーターボートレースを日本で「オリジナルの公営競技に発展させたもの」だからです。

しかし、唯一日本以外にもボートレース(競艇)を楽しむことができる国があるんです!

それは…韓国!!

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史-

ヨーロッパやアメリカの方が古い歴史を持っていますが、公営競技としてボートレース(競艇)が行われている国は日本の他に韓国だけなんです!!

ちなみに

ボートレースオフィシャルウェブサイトは、基礎知識や、全国24ボートレース場の基本情報を「英語、中国語(簡体語)、中国語(繁體語)、韓国語」の4言語で紹介しています。

韓国のボートレース(競艇)事情

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史-

韓国では日本のボートレース(競艇)を真似して1991年に国会成立。
1988年に行われたソウルオリンピックのカヌーとボート競技の会場を改修し、2002年6月にミ沙里漕艇競技場にて初開催されました。

ミ沙里漕艇競技場は韓国にある唯一の競艇場で、最初の競争が行われてから19年が経過しています!

開催時期は2月後半~12月の毎週水曜日と木曜日で、2日間が1節となっています。
トーナメント戦は初日の成績より2日目の優勝進出者が決定して優勝を争います。

日本の政治家であった笹川良一さんが私財をはたいて設立したのがミ沙里漕艇競技場で、日本の元SG選手である栗原選手の尽力により、2002年に初開催という流れになったそうです。

日本のボートレース(競艇)と同じところ

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史-

日本のボートレース(競艇)の選手はランク分け【A1・A2・B1・B2】に分けられていますが韓国のボートレース(競艇)でもこのように選手をランク分けしています。
割合も同じなので選手を勝率によりランク分けしているのは同じです。

1レースは6人出場1周600mのコースを3周するというのも日本のボートレース(競艇)と同じです。

\ 本気で稼ぐなら /

日本のボートレース(競艇)と違うところ

レース数

日本のボートレース(競艇)は1日に12レースですが韓国のボートレース(競艇)は1日に16レース前後あるんだそうです!😳

さらに時間帯で異なりますが、日本では3周するレースですが…。
韓国では時々2周の時もあり、必ず3周する日本のボートレース(競艇)とは違います。

日本も天候悪化による周回や時間帯によって異なります。

勝ち上がりシステム

さらに、韓国の一般戦は勝ち上がりシステムがありません。

格と賞金が高い「大賞」「女王戦」「新人王戦」などの特別なレースでは選考上位の選手が水曜日に予選を行い、着順の選手が木曜日に優勝戦を行うトーナメントとなっているようです。

選手のランク

また、選手のランクに関しても日本とは違っている点があります。

ランク分けと割合は同じなのですが、韓国では特別昇給制度というものがあり、7戦連続で入賞(1着・2着)すると特別昇級ができるという制度です。

これは日本にはない韓国独自の制度ですね…!!

競輪にはある文化らしいので、競輪を参考にしたのかもしれません🙊

選手数

日本のボートレース(競艇)選手は今までで5000人以上誕生していますが、韓国のボートレース(競艇)はまだ歴史が浅いので選手も少ないです。

現在韓国には約150人の選手が在籍していて、15期までしかありません。
日本に比べるとかなり数が少ないですね。

体重制度

韓国のボートレース(競艇)でも最低体重制度というものがありますが、男子は55キロ(日本では51キロ)で女子は51キロ(日本では47キロ)と日本よりも高い数値になっています。

これは韓国人が日本人よりも平均的に体格が大きいという所が影響しているからのようです。

賞金

賞金もかなり異なります😤
SGのグランプリ戦の賞金比較を下記にまとめてみました。

グランプリ戦順位日本の賞金韓国の賞金
1位一億円3000万ウォン
日本円:約295万円
2位4700万円2000万ウォン
日本円:約194万円
3位3300万円1400万ウォン
日本円:約135万円
4位2400万円1000万ウォン
日本円:約96万円
5位2200万円900万ウォン
日本円:約87万円
6位2000万円700万ウォン
日本円:約67万円

このように、日本のボートレース(競艇)と比較すると規模が小さいものであるという事が分かります。

舟券

「単勝・複勝・2連単・2連複・3連単・3連複」は同じです。

しかし、日本にはない韓国独自の「3単複」という舟券が韓国にはあるのが特徴です。

この韓国独自の舟券である「3単複」は、1着固定で2・3着は入れ替わりができるといった舟券で日本のボートレース(競艇)とは違う文化が発達しています。

ギャンブル抑制を兼ねて、韓国では日本にはない購入制限があります。
日本円にすると1レースで1人10万ウォン(約1万円)までしかかける事ができません。
1レースで1人1万円までが上限になりますので、大きく負けるという事を抑制できるのが韓国のボートレース(競艇)のメリットです。

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良-

なぜボートレース(競艇)は海外で広まらないのか?

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史-

日本ではCMや競艇場の改革などで盛り上がっているボートレース(競艇)。

しかし、なぜ日本以外は韓国しかないのでしょうか?

相撲ほど日本色は濃くないですし、もっと盛り上がっていてもいいのでは…?

推測ですが、日本が海外人気をそこまで重視しないのは「日本の選手より海外の選手のほうが強いかもしれないから」という理由が含まれているのではないかと思います。

競輪は世界選手権やオリンピックなどに採用されましたが、強い選手が海外選手ぞろいになってしまい、日本での人気が低迷してしまったようです。

やはり自分の国の選手を応援したい気持ちが強い人が多いのでしょうか?🤔

しかし、ボートレース(競艇)は体重の軽い人が有利な競技なので一概に力の差とは言えない気がしますね。

海外でバズったポスター

海外でもTwitterにてボートレース(競艇)が話題になったことがあります。
それは「G1全日本王者決定戦からつ」のポスター!

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史ポスター-

「挑戦」→「勝利」

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者海外韓国歴史ポスター-

「最強」→「戦場」

このように、ひっくり返すと意味が変わるポスターだったんです!

「このデザインがすごい!」と海外で話題に🥰

ポスターをデザインした画家、アンビグラム作家の野村一晟さんも呟いています。

まとめ

-

いかがでしたでしょうか?
今回は、海外のボートレース(競艇)についてご紹介しました。

まだ日本と韓国のボートレース(競艇)ではレベル差があるため、ボートレース(競艇)対決は難しいかもしれません。
しかし、いつの日か交流戦を行ってもっとボートレース(競艇)を世界に広がる文化にしてほしいなと思います。

競艇予想サイト稼ぐ方法は?

1度予想が当たらなかったからと言って優良競艇予想サイトの利用をやめてしまうのはすごくもったいないです😢

何度も言ってしまいますが、稼ぐなら
継続!
これに限ります…!

現在優良競艇予想サイトを利用しても稼げない、という方は
競艇予想サイトを利用した稼ぎ方を間違えちゃっているかも…!!!
遠藤さんや黒沢ちゃんの記事も読んでみてくださいね👶

もし全然稼げる方法がわからないよぴえんたゃ!って方がいらっしゃいましたら
遠慮なくLINEにお越しください…🐰💭

絶対後悔させない稼ぎ方をしっかりサポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です