【今さら聞けない?!】即日帰郷と即刻帰郷の違いって?途中帰郷まであるって本当??徹底解説をまとめてみた!【競艇(ボートレース)】

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライングアイキャッチ-

こんばんみ~!賭けみ沢ぴえんたゃです🥺
ミスドのふわふわかき氷が食べたい!!

ボートレース(競艇)のニュースを読んでいると選手が即日帰郷になったという内容をよく目にしますよね👀

なんとなく文字から意味が推察できますが、詳しい内容や即刻帰郷との違いはご存知でしょうか?🤔
今回は、即日帰郷についてご紹介していきます✋

競艇で予想が当たらず、上手く稼げない…。

そんな方はプロの予想師にご相談!!

競艇予想サイトを利用すれば、プロの予想師の買い目情報をもらえます🥳
そのまま買って稼ぐもよし!勉強するもよし!

LINEでは、競艇レポまとめの3人が本当に使っているオススメの競艇予想サイトをご紹介しちゃいます✋

稼ぎ方、参加するプランなどなど教えちゃうのでぜひ追加してみてくださいね🥰

友だち追加

ボートレース(競艇)の即日帰郷とは

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング-

ボートレース(競艇)における即日帰郷とは、選手に課せられるペナルティの一種です。

即日帰郷の判断が下された選手は、その日のレースが終了したら強制的に地元に帰郷しなければなりません。
翌日以降の斡旋が決まったレースも出走停止となります…。

しかし、1日に2レース出走予定だった場合、1レース目に即日帰郷が課せられてもその日の2レース目は予定通り出走できます。

1Rで即日帰郷になっても同日の4Rに出走予定だった場合はそのまま出走できるというわけですね!

即日帰郷が課せられるケース
  1. 前日検査において不合格や遅参の場合
  2. 選手責任によるスタート事故を起こした場合
  3. 失格を2回起こしてしまった場合
  4. 不良航法と待機行動違反を起こした場合

上記が主な即日帰郷が課せられるケースです。

代表的な事例はフライングに気付かずにレースを続けた場合です。

ほかにも、レース期間中に寝泊まりする宿舎に携帯電話を持ち込んだり、特定の記者だけに有利な情報を提供するなど、公正なレースを妨げる行為などが対象です。

罰則についてはこっちで詳しく!!

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷フライング罰則罰金アイキャッチ-

前日検査において不合格や遅参の場合

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング遅刻-

ボートレース(競艇)では、開催初日の前日に行う検査があり、これを前日検査(前検)と呼びます。
この検査で不合格となってしまうと即日帰郷となってしまいます💦

  1. レース開催日の前日12時までに競艇場内で受付・物品検査を済ませる(SGは10時までに会場入り)
  2. 身体検査
  3. モーターとボートの抽選
  4. レース場水面の試走
  5. スタート練習

主にこれらの項目を行います。

身体検査において基準値以上の体調不良が明らかになった場合や、選手登録票を持参していなかった場合前検不合格となります。

また、前検日遅参といって遅刻をしてしまうとその節は全レースの出場が禁止され、即日帰郷となります。
さらに、日本モーターボート競走会の懲罰委員会に掛けられ出場停止および罰金処分の対象となり、向こう1年間のSG・GIプレミアム競走に出走できなくなったりします。

遅刻にとても厳しい業界なんですね…🥺

例外事項

「選手責任外の前検不合格は例外」

選手責任ではないトラブル・体調不良による前検不合格、悪天候や天変地異などによる交通機関の乱れが原因の遅参については懲罰委員会の審議対象にはなりません。

しかし、公正面から全レースの出場が取り消しとされる場合もあります。
交通機関の乱れや選手責任外の遅参の場合は、翌日からのレースに出場が可能となる場合もあります。

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良収支-

選手責任によるスタート事故を起こした場合

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング-

スタート事故といえば「フライング」「出遅れ」ですね。
これらを起こしてしまった場合も即日帰郷となるケースがあります。
実は、このスタート事故が即日帰郷の原因で最も多くなっています。
ちなみに、フライングをすると反省文を書かなくてはならないそうです。

同一出場節に2回のフライング

ボートレーサー(競艇選手)は1度フライングを起こしただけでも30日の出走禁止というペナルティが課されるわけですが、同一出場節にフライングを2回起こしてしまうと即日帰郷となってしまいます。

非常識なフライング

軽度のフライングであれば1回目は即日帰郷を免れます。

しかし、2013年11月からは0.05秒以上早いタイミングでフライングをした場合「非常識なフライング」として1回目でも即日帰郷となるよう罰則が強化されました。

同一出場節に2回の出遅れ

フライングと同様にスタート事故になる出遅れですが、こちらも2回起こしてしまうと即日帰郷となってしまいます。

\ 本気で稼ぐなら /

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良-

失格を2回起こしてしまった場合

2度のスタート事故以外にも複数回の失格をしてしまった場合には即日帰郷が適用される場合があります。

失格になる様々なケース

「周回方向や周回回数の誤認」
コースを回る方向と回る回数を間違える

「タイムオーバー」
1位がゴールしてから30秒以内にゴール出来ずタイムオーバーになった

「転覆・沈没・落水」
艇がひっくり返ったり、沈んだり、選手が落ちたりしてボートが走行出来なくなる

「危険な転舵」
他の艇にぶつかりそうな危ないターンをする

✔「危険な時に道を譲らない」
後ろの艇が事故を起こしてしまう危険性があるのに道を譲らない

等…

不良航法と待機行動違反を起こした場合

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング-

走行妨害や、転覆の際の内・外回り、または順位変動をきたす規定違反や待機行動中の違反などを3回起こすと即日帰郷の対象となります。

珍事件だとこんなのも…。

競艇ボートレース競艇場競艇選手稼ぐ初心者珍事件返還配当フライング-

なぜ即日帰郷になっても当日のレースは出走可能なのか?

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング-

即日帰郷というのはペナルティ。

では、なぜペナルティが課せられても斡旋が決まったレースまで出走できるのかというと、ボートレース(競艇)では番組マンが翌日以降のレース番組を1日かけて構築したり、事前に節ごとの斡旋選手を決めているからです。

つまり、即日帰郷になると番組マンなど運営スタッフの負担が大幅に増加します。

だから即日帰郷ボートレース(競艇)の中で重たいペナルティとされています。

即日帰郷より重い「即刻帰郷」とは

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング-

即日帰郷を超える即刻帰郷というものがあります。

即日帰郷は原則として最終レース終了後に発動される規定です。
2回走りの1走目で失格処分を犯して帰郷処分となった場合でも、その日の2回目のレースには出場することが出来ます。

しかし、即刻帰郷は2回走りの2走目が残っていたとしても当該レース終了後直ちに荷物をまとめて競走場を後にしなければならない、重いペナルティの一つです。

即日帰郷即刻帰郷

即刻帰郷となる条件は極めて悪質な違反褒賞懲戒審議会に諮られる違反重大な整備規程違反管理規程違反などが対象となります。

フライングに気付かずにレースを続けた場合にも、即刻帰郷が課せられます。
また、選手が携帯電話を持ち込んだ場合も管理規程違反で即刻帰郷です。

公営ギャンブルはファンの信頼で成り立っているので、公正なレースの施行の妨げになるような違反即刻帰郷となります。

途中帰郷」とは

競艇ボートレースボートレーサー競艇選手即日帰郷即刻帰郷途中帰郷フライング-

途中帰郷とは、即日帰郷即刻帰郷とは違い「選手都合」で帰郷するケースを指します。

  • 勝率を調整する
  • 家事都合
  • 転覆や落水による怪我

等…

主に上記の理由で途中帰郷が適用されます。

勝率を調整する

ボートレース(競艇)のビックタイトルでは出場基準を勝率にしている場合が多いです。

そのため、成績の選考期間となる4月末、10月末は出走調整を行うために途中帰郷するケースがあります。
次期の昇級や降級回避が確定した時点で途中帰郷する選手が多いです。

確定してたらフライングや出遅れを増やさないために、いっそ出走しないほうがいいこともあるんですね😳

家事都合

身内に不幸があった場合、家族が急病になった場合に途中帰郷となる事例もあります。

特に両親ともにボートレーサーで子供が小さい場合、祖父母に子供を預けるケースが多くなりますが、保育所から連絡があって慌てて帰郷…なんていうことも十分にありえます。

家事都合はどんな理由であれ公表しなければならない義務はありません。

転覆や落水による怪我

レース中に転覆した選手の途中帰郷が目立ちますがこの理由の大半は”怪我“が原因です。

当然、怪我をしたままレースに出走できないからです。

例えばこの日とか…。

競艇ボートレース松井繁フライング妨害失格転覆G1福岡アイキャッチ-

なぜボートレース(競艇)はここまでペナルティが厳しいのか

もし選手がルール違反により出場予定であったレースに出場できなくなった場合、その選手が関与する舟券は全額返還となります。

そうなった場合、改めてその分を除いた売上金の中からオッズが再計算されることになります。
すると、舟券を購入したお客さんは想定していた的中金額よりも払い戻し金が大きく減ってしまう可能性が生じてしまいます。

また当然、レースの開催者側にとっても舟券の全額返還はそっくりそのまま損失となります。

また、その選手だけが失格となるだけならまだしも、もしレースそのものが不成立となってしまうとレースの開催者側にとっては大きな痛手です。

こういったことから、ボートレーサー(競艇選手)にとってはレースに出場することが重要な責務となっているのです。

選手目線で見た即日帰郷のリスク

通常のフライングであれば一節で2回のフライングを起こすことになるので、30日+60日で合計90日の斡旋停止処分が課せられます。

即日帰郷自体に大きなデメリットはありませんが、即日帰郷は重たいペナルティを象徴するものなのでその後の選手生命に大きな影響を及ぼします。

一定の事故率を上回ると自動的にB2級になり、歩合制のボートレーサー(競艇選手)は大幅な年収ダウンになります。

B2級まで下がると、枠番が不利な番組編成も増えて再び元の地位に戻れなくなることもあります…💦

現在は過去4期の累計成績で一定の勝率(3・50)を残さないと退会催告を受けます。

即日帰郷を受けた内容によって状況は変わってきますが、いずれにしてもその節の出走機会を失う以上の損失に繋がる重たいペナルティです。

即日帰郷の懸念がある選手は予想にも影響がある

即日帰郷となる要因に反則スタート事故がありますが、これらを1度犯してしまっている選手は積極的なレースをすることができません。

フライングを犯した選手は出走表に記載されているので、その選手の平均スタートタイムがどれだけ良かったとしても本番ではスタートダッシュにはあまり期待できないと思われます。

特にアウトコースからのスタートとなった場合、スタートダッシュが積極的におこなえないと舟券に食い込むことはかなり厳しいものとなります。

予想が当たらない稼げない人は競艇予想サイトに頼るべし!!

\ 本気で稼ぐなら /

競艇予想サイト稼ぐ方法は?

競艇・競艇予想サイト・稼ぐ・稼げる・まとめ・競艇レポまとめ

1度予想が当たらなかったからと言って優良競艇予想サイトの利用をやめてしまうのはすごくもったいないです😢

何度も言ってしまいますが、稼ぐなら
継続!
これに限ります…!

現在優良競艇予想サイトを利用しても稼げない、という方は
競艇予想サイトを利用した稼ぎ方を間違えちゃっているかも…!!!
遠藤さんや黒沢ちゃんの記事も読んでみてくださいね👶

もし全然稼げる方法がわからないよぴえんたゃ!って方がいらっしゃいましたら
遠慮なくLINEにお越しください…🐰💭

絶対後悔させない稼ぎ方をしっかりサポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です