【これ知ってる?!】日本一の競艇場?!各ボートレース場の日本一についてまとめてみた!!【豆知識】

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴アイキャッチ-

こんばんみ~!賭けみ沢ぴえんたゃです🥺
ポカリって飲むと風邪ひいた気分になりますよね

実は、ボートレース場(競艇場)には日本一○○であることが多いんです😳
日本一広い」、「日本一きれい」…などなど、いろいろなボートレース場(競艇場)の日本一を今回は紹介していきます✋

競艇で予想が当たらず、上手く稼げない…。

そんな方はプロの予想師にご相談!!

競艇予想サイトを利用すれば、プロの予想師の買い目情報をもらえます🥳
そのまま買って稼ぐもよし!勉強するもよし!

LINEでは、競艇レポまとめの3人が本当に使っているオススメの競艇予想サイトをご紹介しちゃいます✋

稼ぎ方、参加するプランなどなど教えちゃうのでぜひ追加してみてくださいね🥰

友だち追加

日本一競艇ファン憧れの場所!?「住之江競艇場」「平和島競艇場

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴平和島憧れ-
▲平和島ボートレース場(競艇場)

住之江ボートレース場(競艇場)では毎年賞金王決定戦が、平和島ボートレース場(競艇場)では毎年SGが開催されています!😳
競艇ファンにとってお祭りのような大会なので、「一度は会場で観戦したい!」と憧れのボートレース場(競艇場)なんです🥰

西の住之江、東の平和島!!

日本一早くレースが始まった!?「大村競艇場

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴大村発祥-

1952年(昭和27年)4月。
大村ボートレース場(競艇場)にて競艇競走(GII)が正式に始まったため、競艇発祥の地と言われています!

初開催のコースはとても広かったためフライングや出遅れによる失格が多く、2日目からはレースコースを狭くして行われたそうです。

日本一の静水面!?「多摩川競艇場

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴多摩川静水面-

滅多なことでは荒い波が経つことも無く、インが有利とされる多摩川ボートレース場(競艇場)

淡水で水質が硬いため、水が重く引波が超えられずキャビりやすいと言う選手も多いんだとか…。

さらに、木に囲まれているので防風林のように風を防いでくれます。
立地的にも海から遠いので、海風陸風が吹かないんです。

日本一標高が高い!?最初にナイターを開催した「桐生競艇場」

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴桐生ナイター標高-

最北端かつ日本一標高が高い場所にあるボートレース場(競艇場)の「桐生」。
冬場になると上州山脈からの強風が時により強く吹き付けます。

さらに、1997年9月20日から「アクアンナイト」と称したナイター競走を実施。
初めてナイター競走を開催したボートレース場(競艇場)でもあるんです!

予想が当たらない稼げない人は競艇予想サイトに頼るべし!!

\ 本気で稼ぐなら /

日本一きれい!?「蒲郡競艇場

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴蒲郡きれい-

数年前に改装したばかりのボートレース場(競艇場)「蒲郡」。

ファミリーやカップルなど若い層の利用が多く、ホテルの様な施設で日本一綺麗なボートレース場(競艇場)と呼ばれています。

日本一コースが狭い!?「戸田競艇場

競艇ボートレースボートレース場競艇場日本一特徴戸田狭い-

水面が一番小さく、コースも狭いボートレース場(競艇場)の「戸田」。
戸田ボートレース場(競艇場)では、第1マークとスタンドの距離は37mしかありません。

窮屈なレースになるのでインが弱いと言われています。

日本一の難水面!?「江戸川競艇場

競艇・ボートレース・ボートレース場・競艇場・日本一・特徴・江戸川・

日本で唯一、河川をそのままコースとして利用しているボートレース場(競艇場)「江戸川」。

自然河川をそのまま利用したボートレース場(競艇場)なので水面が狭く、東京湾が近いため潮の満ち引きもあります。
さらにレース場を仕切る物が何も無いため自然の川の流れが生かされたままになっています。

上げ潮になると「逃げと差し有利」、下げ潮は「捲り有利」と言われています。
この潮の動きと風がぶつかる事で大きな波が立つので、安定版を装着してレースをすることも珍しくありません。
河川なので雨が降れば水量が増えて流れも速くなってしまいます。

日本一早くキャラクターを使い始めた!?徳山競艇場

徳山競艇がまた萌えた」とよく話題に。

ボートレース場(競艇場)の萌えキャラ起用には多摩川の「静波まつり」ちゃんや、びわこの「船国バトルそうだつまいぞうキン」が有名ですが、日本一はやく取り入れたのは徳山ボートレース場(競艇場)でした。

東京ビッグサイトと勘違いしそう😂

日本一広い!?「浜名湖競艇場

浜名湖ボートレース場(競艇場)は、水面の広さが一番広いです!!

安定して走りやすい」と評判のコースで、広さは「縦幅が550m」「横幅が180m」もあります。
しかし、広大さゆえに風の影響を受けやすいです。

特に冬と夏で風向きが変わるのでそれぞれ対策を!!

実際に競技で使う部分なら福岡のボートレース場(競艇場)も広いですが、1マークからカベまで、2マークからカベまでなどの奥行きを考慮すると浜名湖が一番広いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?😳😳
今回は、ボートレース場(競艇場)の日本一についてご紹介しました!

ボートレース場(競艇場)の情報をしっかり調べて予想することが大事です。
しかし、毎日開催されるレースのすべてをチェックするのは難しいですよね🤔

予想しても当たらない、トリガミになるなんてことも…。

そんな方には競艇予想サイトがオススメです!!

競艇予想のプロが関わっている競艇予想サイトが多く、自力予想が難しい方でも稼げるようになるかもしれません!!😳

完全無料で会員登録できるので、試す価値アリだと思います🐹

競艇予想サイトを利用して、競艇をもっと楽しみませんか?

▼無料で会員登録する!▼

競艇予想サイト稼ぐ方法は?

競艇・競艇予想サイト・稼ぐ・稼げる・まとめ・競艇レポまとめ

1度予想が当たらなかったからと言って優良競艇予想サイトの利用をやめてしまうのはすごくもったいないです😢

何度も言ってしまいますが、稼ぐなら
継続!
これに限ります…!

現在優良競艇予想サイトを利用しても稼げない、という方は
競艇予想サイトを利用した稼ぎ方を間違えちゃっているかも…!!!
遠藤さんや黒沢ちゃんの記事も読んでみてくださいね👶

もし全然稼げる方法がわからないよぴえんたゃ!って方がいらっしゃいましたら
遠慮なくLINEにお越しください…🐰💭

絶対後悔させない稼ぎ方をしっかりサポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です