【競艇豆知識】持ちペラ制って何?廃止になった理由は?幻のハンマーがあるって本当?!徹底解説まとめ!!【ボートレース】

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

競艇で予想が当たらず、上手く稼げない…。

そんな方は
プロの予想師にご相談!!

競艇予想サイトを利用すれば、プロの予想師の買い目情報をもらえます🥳
そのまま買って稼ぐもよし!勉強するもよし!

LINEでは、競艇レポまとめの3人が本当に使っているオススメの競艇予想サイトをご紹介しちゃいます✋

稼ぎ方、参加するプランなどなど教えちゃうのでぜひ追加してみてくださいね🥰

友だち追加

競艇予想サイトで今人気沸騰中!?
稼ぐならこのサイト!

競艇予想サイトリーダーシップLEADER SHIP優良稼げる競艇当たるアイキャッチ-
  • 2日で150万稼げた
  • 今なら2万円分のポイントがもらえる!
  • 的中率が高い!

完全無料で会員登録できちゃう!!

持ちペラ制って?

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

持ちペラ」とは、レースの際に自分専用のプロペラを持ち込んで使用できる制度のこと。

非力なモーターを使う場合でも、プロペラの改良次第で抜群の強さを発揮させることができたので、選手の間で大きく注目されました。

しかし、現在のルールではペラの調整に制限が設けられています💦

かつては、多くの選手が強いプロペラ作りに集中し、日々「プロペラ叩き」に精を出していました。

正式名称は「選手持ちプロペラ制度

ペラグループとは

プロペラの改良には、様々なデータの蓄積と分析、特別な技術騒音対策を施したプロペラルームが必要でした。

かなりの費用と時間が必要だったんですね💦

個人ですべてに対応するのは難しい…。
ということで、選手の多くが通称「ペラグループ」を組織して、何人かのグループで協力して強いプロペラの加工に挑戦していました。

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

また、資金が豊富にある有力選手の中には、プロペラの加工や調整を外注する選手もいたんだとか。

プロペラ本体が1枚2万円程で、さらに外注加工費が数万円必要となるため、かなりの出費を強いられました。

持ちペラ制度の歴史

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

プロペラ制度のはじまりは1988年の5月です。

プロペラは選手個人が所有するモノをレースで使用できる」ということで、通称「持ちペラ」が導入されました。

この頃は選手個人で購入したプロペラを削ったり叩いたりを繰り返し、いかにボートの性能を上げるかを研究していた時代です。

しかし、2012年4月にこれまでの持ちペラ制度が廃止となり、プロペラは競艇場からモーターと合わせて貸し出される形へと変化。

これによってプロペラの調整自体がレース開催期間内のみとなり、モーターの抽選後から最終日のレースまでと、その期間も短くなりました。

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良-

持ちペラ制度が廃止された理由

え、なんでダメになったの?

と思いませんか?🤔

日本モーターボート競走会からは、持ちペラ制度が廃止された理由としてこのような発表がされています。

選手の持ちペラ制度は、選手のプロペラ修整技術向上により迫力あるレースの具現化に寄与した反面、モーターと選手の持ちペラがどのようにマッチングするかが複雑で推理が難しい

つまり、持ちペラによる性能の変化が高く、モーターの勝率などといった数値が予想の際にアテにならないことが原因ということです。

モーターとプロペラをセットで支給することにより、そういった数値の信頼性を正す必要があったのではないでしょうか。

ファンの意見

持ちペラ」の頃は、モーターの整備や状態に関係なく、プロペラの加工技術がレース結果を左右することもありました。

ボートレース(競艇)のファンからすれば、「持ちペラ制」は予想を難解にさせるファクターの1つ…💦

プロペラの加工技術はファンには分かりにくい物で、特に初心者がボートレース(競艇)を敬遠する理由のひとつでした。

なので、予想もしやすくなり新規層の取入れもできるので「持ちペラ」の廃止に賛成するファンは多くいました。

選手の意見

持ちペラ制」の頃は、プロペラの性能アップのため、休みの大半を費やしてしまう選手も多くいました。

狭いペラ小屋で1日中プロペラを叩いて、リフレッシュもできず…。
精神的にも、肉体的にも良い状況ではありませんでした。

持ちペラで好結果が出ていなかった選手にとっては、

持ちペラ」の廃止は上位進出のチャンスとなり、また四六時中プロペラの改造に取り組む生活から解放される。

ということで、好意的に受け止められました。
選手の大半は、「持ちペラ」の廃止に賛成しました。

プロペラよりもモーターの整備力にウェイトが置かれるようになり、ボートの操縦術の向上が求められるようになりました!

ちなみに、モーターとプロペラの整備力が一人前のレベルに達するまでに4年はかかる、と言われているほど整備の奥が深いらしいです😳

競艇レポまとめ稼げる競艇予想サイト優良-

プロペラの調整について

持ちペラ制度時代

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

持ちペラ制度時代」は選手によって様々な研究・調整方法がありました。
そのため、資金力で大きな差がついてしまいました💦

資金力がある選手は専門的な業者に依頼してプロペラを制作したり、自前の整備場を持つほど!

しかし、資金力がない選手は業者に制作を頼むことはおろか、プロペラを叩く場所にさえ困るほど差が大きかったのです。

調整に使われたのは道具は金属製のハンマー

プロペラの価格は1枚2万円前後
当時の選手たちはこのプロペラ代の負担がキツかったようです。

持ちペラ制廃止後

自前のプロペラが使えないため、専門業者など外注でプロペラを作ることが出来なくなりました。

これにより、資金力による選手間の力の差がなくなったわけです。

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

また、貸し出されているプロペラのため、大幅に形状を変えるということはできません💦
プロペラに対する調整は、ハンマーで叩きかえられる範囲でしかできなくなりました。

選手たちは何度もプロペラを叩いては実走を繰り返し、その手応えを確認して調整していくんだそうです!👏

練習走行にも時間という限りがあるため、レース本番でも確認をしながら1節の間に仕上げていく地道な作業です。

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

調整に使われる道具も金属製のハンマーが禁止され、木製のみと制限されました。

持ちペラ制度の廃止に伴い、精度の高い調整が難しくなったため、苦戦する選手も多いんだとか。

関連記事

幻のハンマー

実は、プロペラ調整用のハンマーには「幻のハンマー」があるんです!

それが、こちら!

競艇ボートレース競艇選手稼ぐプロペラ廃止持ちペラ歴史-

おわかりいただけただろうか…?🥶

右2つのハンマーがまさに…。

「幻のピコピコハンマー」!!!

大と小がありますね!

選手が幻のハンマーでプロペラを調整しているところも激写されています。

持ちペラ制のときのように、騒音トラブルにならないか心配ですね💦

ボートレース平和島の2019年エイプリルフールネタです

まとめ

競艇・ボートレース・競艇場・競艇選手・稼ぐ・初心者・G1

今回は、持ちペラ制について詳しくご紹介しました🥳

ボートレーサーの命といっても過言ではないプロペラ。
持ちペラ制が廃止されてしまいましたが、選手にとって調整はとても大切です。

私は、競艇は大穴狙いで攻めたいと思っています✋
しかし、毎日開催されるレースのすべてをチェックするのは難しいですよね🤔

予想しても当たらない、トリガミになるなんてことも…。

そんな方には競艇予想サイトがオススメです!!

競艇予想のプロが関わっている競艇予想サイトが多く、自力予想が難しい方でも稼げるようになるかもしれません!!😳

完全無料で会員登録できるので、試す価値アリだと思います🐹

競艇予想サイトを利用して、競艇をもっと楽しみませんか?

▼無料で会員登録する!▼

競艇予想サイト稼ぐ方法は?

競艇・競艇予想サイト・稼ぐ・稼げる・まとめ・競艇レポまとめ

1度予想が当たらなかったからと言って優良競艇予想サイトの利用をやめてしまうのはすごくもったいないです😢

何度も言ってしまいますが、稼ぐなら
継続!
これに限ります…!

現在優良競艇予想サイトを利用しても稼げない、という方は
競艇予想サイトを利用した稼ぎ方を間違えちゃっているかも…!!!
遠藤さんや黒沢ちゃんの記事も読んでみてくださいね👶

もし全然稼げる方法がわからないよぴえんたゃ!って方がいらっしゃいましたら
遠慮なくLINEにお越しください…🐰💭

絶対後悔させない稼ぎ方をしっかりサポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です